人気投票結果発表!課題解決PJ_season2|<テーマ提供企業:グーグル合同会社>

人気投票結果発表!課題解決PJ_season2|<テーマ提供企業:グーグル合同会社>

過日行われた、課題解決プロジェクト_season2 <テーマ提供企業:グーグル合同会社>。たくさんのご応募の中から ノミネートされた10チームの企画書を公開し、MFC学生会員による人気投票を行った結果、 TOP3が決定しました!投票に協力してくれたみなさん、ありがとうございます!

見事TOP3に選ばれたチームのみなさんをGoogle渋谷オフィスツアーにご招待します!
詳細はメールでご案内しますのでお待ちくださいね!

※ご投票いただいた方への抽選プレゼントについても、該当者にメールでご連絡いたします。

season2出題テーマ
AIを活用し、あなたが関心のある社会課題の解決策を提案してください。

TOP3結果発表!

★1位★
チーム名:素敵人
所属大学:奈良学園大学


投票者のコメント(抜粋)
・全てのプレゼンのテーマの中で、そこに目が行くかと思ったテーマだったから。 感情を挟まない、客観的な判断が得られて尚且つ、現状で曖昧な判断がされている。そのため、AIの利用でもっと客観的な判断が得られるなと思った。(中央大学 1年生)

・死刑判決について普段、人が人を裁くのが当たり前って思っていたので面白い目の付け所だなって思って興味が湧いた。人が人を裁くのは時間がかかるため、AIを活用すると裁くのに時間がかからない。だけど、AI利用の裁判と人が裁く裁判2つあると混乱するんだろうと考える。(日本女子体育大学 3年生)

-------------------------------

★2位★
チーム名:チーム・ドロンロン
所属大学:東京都市大学


投票者のコメント(抜粋)
・渋滞という社会課題に着目した点が興味深かった。また、車線数を変えるという発想が今までにはない大胆な提案で面白いと思った。全体的に1番印象に残った。(国際基督教大学高等学校 2年生)

・渋滞予測とAIはアメリカではすでに行われていて、どの時間帯にどの道路で何%の確率で事故が起こる等のデータもAIを用いて予測する研究も進められている。実現可能性も十分あるし、実装されれば便利な世の中になると思う。(早稲田大学 2年生)

-------------------------------

★3位★
チーム名:たけやふにふに
所属大学:東京大学・長崎大学・九州大学


投票者のコメント(抜粋)
・観点が面白い。他のグループの社会問題系のものよりもユーモアがあるし、大学生に身近な話題だったから。(立教大学 2年生)

・私の学校の友人もキャリア甲子園にてマッチングアプリを作っていましたが、計画が密でなく脱落していました。しかし、それをより発展したようなアプリを作られていて、大学生の力を思い知りました。(開智高校 3年生)

おわりに

素晴らしい企画を提案してくれたみなさん、そして投票に協力いただいたみなさん、ありがとうございます!MFCでは大学生最大級ビジネスコンテスト 「キャリアインカレ2019」、高校生最大級ビジネスコンテスト 「キャリア甲子園2019」のエントリーも受付中!興味のある方はぜひチャレンジしてみてくださいね!

(企画書はMFC事務局にて一部編集・加工させていただきました。ご了承下さい。)