キャリア甲子園2018総合優勝、海陽学園「LUNCH PACKS」インタビュー!前編

キャリア甲子園2018総合優勝、海陽学園「LUNCH PACKS」インタビュー!前編

年々規模を拡大し続けている高校生ビジネスコンテスト「キャリア甲子園」。

4,300人が参加した2018年度大会を制したのは海陽学園の「LUNCH PACKS」だった。

2016年度大会優勝の同じ高校の先輩、「米ット。」の活躍を見ていたというLUNCH PACKS達はいかにしてキャリア甲子園を戦ったのか。愛知県の全寮制高校、海陽学園に赴いて話を聞いてきた。

(取材・執筆:羽田啓一郎)

*このインタビュー内容は20194月時点のものです

 

☆記事の最後にLUNCH PACKS書類審査、プレゼン動画審査、準決勝、決勝の全てのスライドデータを格納!要チェック!


登場人物紹介

 undefined

チーム結成は締め切り直前だった

羽田:改めましてみなさん、優勝おめでとうございます!

全員:ありがとうございます!

 

羽田:優勝してから一ヶ月程度経ちましたが、その後いかがですか?周囲からの反響とかありました?

 

戸田:そうですね、、。優勝すると扱いがこんなに違うんだなーというか(笑)。

 

内川:日経新聞にあんなに大きく出るとは思いませんでした(笑)。

 

羽田:よかったです!さて大会全体を順を追って聞いていきたいんですが、そもそもキャリア甲子園はどこで知ったんですか?

 

戸田:2016年大会の時に海陽学園の先輩方が優勝したじゃないですか。僕らはあの時中学生だったんですけど、先輩方が優勝したビジコン、という形でキャリア甲子園はもともと中学の頃から知ってたんです。

 

羽田:「米ット。」ですね。彼らのことは知っていたんですか?

 

内川:はい、あの学年の中でももともと目立ってた四人だったので。スペックがとにかく高い人たちで、あの四人が組んだのなら最強だと思っていたんです。実際、優勝しましたしね。

 

 

羽田:なるほど。ではもともと知っていた中で、どうして2年生のタイミングで出ようと思ったんですか?

 

戸田:言い出しっぺは僕なんですけど、高1の時も出ようと思っていたんですよ。その時は僕はリーダーじゃなくて先輩と組んでいたんですけど、先輩が途中で挫折しちゃって結局なくなっちゃったんです。それで僕、課外活動など色々やっていたんですけどどれも中途半端で。何かに取り組んで成果を残したいってずっとモヤモヤしてたんです。それで高2になってキャリア甲子園の募集が始まって「やるしかない」と。

 

羽田:メンバー集めは順調だったんですか?そこに苦労して挫折する子も多いようですが・・・。

 

戸田:いや、メンバー集めは大変でしたよ。僕らの高校は授業でキャリア甲子園に取り組んでいるわけじゃなくて、寮の中で募集があってやる気のある奴が応募する、という形式なので実質的には個人応募みたいなものなんです。で、校内募集の締め切り前日にやっとメンバーが揃った感じです。

 

内川:よく覚えていますが、夜にもう寝ようと思って歯を磨いてたんですよ。そしたら部屋が突然バンっと開いて戸田が「キャリア甲子園出よう」と。

 

羽田:本当にバタバタだったんですね(笑)。渡邉くんと藤田くんは?

 

渡邉:僕も戸田に誘われたんですが、正直悩みましたね。これまでも課外活動とかやってきてあんまり勉強時間が取れなかった。高校2年で受験も迫ってきてる中で勉強を取り戻さないと

と思っていた時期だったので。キャリア甲子園に時間を取られて勉強に集中できるのかな・・・?と悩みました。

 

藤田:僕も同じ感じですね。どこまでチーム活動に力になれるかその時は自信なくて。でも戸田も困ってたし勝ち進めるか分からないから「とりあえず名前書いといて」って。まさか決勝まで行くと思ってなかったので(笑)。

 

羽田:なるほど、戸田くんの人の巻き込み力がすごいんだな・・・。その中でZOZOテクノロジーズのテーマにした理由は?

 

戸田:いいアイデアが出そうな企業を三つくらいに絞ったんですよ。で、もし何のアイデアも出なかったら解散しよう、と決めて。でもその中でZOZOのテーマでやってみたいアイデアが僕の中でひらめいたのでメンバーに提案してみたんです。そしたらいいじゃんってなって。

 

羽田:LUNCH PACKSというチーム名って、由来はあれですよね・・・?ZOZOテクノロジーズに

しようと決めてからあのチーム名にしたんですか?

 

内川:そうです(笑)。深い意味はなかったんですが、遠回しに一発喰らわせようかなと思って。後からZOZOの人にそれを話したら「全然遠回しじゃないよ」って言われましたけど(笑)。

 

羽田:書類審査通過チーム一覧を見たときにLUNCH PACKSって見かけて、何かやらかしてるチームが海陽にいるなあと思ってましたが・・・(笑)。ところでチーム内の役割分担ってあったんですか?


チームの中での役割分担。インフルエンザで寮閉鎖。全員強制帰省の危機!

undefined
海陽学園は全寮制。チーム全員でのミーティングの様子。


内川:強いて言えば戸田が全体のリーダーでアイデアを出したりする役。で、僕はそれを形にする役割ですね。パワポとか作るの、すごく好きでこだわっちゃうので。やり始めたら止まらないんです。

 

戸田:渡邉と藤田はリサーチ力がすごいんですよ。僕と内川は結構思いつきと勢いでアイデア出しちゃうんですけど、二人はZOZOのこととかめちゃくちゃ調べてくれて、僕のアイデアを補強してくれるというか。

 

内川:そう!ミーティングの度にどんどん資料がアップデートされて情報をまとめたWordのファイルのボリュームが大きくなっていってて。

 

藤田:調べてくれと言われたわけじゃないんですけど、リサーチは大事だよねって思ってたので。

 

羽田:いや、めちゃくちゃ大事ですよそれ。相手の意図を理解せずに進めてしまうと後で事故になりますからね。さて、ではそんな役割分担で進めて書類審査に提出した、と。自信はありましたか?

 

戸田:まあ、書類は通るんじゃないかなと僕は思っていました。アイデアは自信あったので。

 

渡邉:そう言えば僕ら、書類審査結果が出る前にプレゼン動画を収録してしまったんですよ。

 

羽田:え、書類は通過する自信があって?

 

藤田:いや、僕ら冬休みが長くて全員帰省しちゃうんです。僕らは全員出身がバラバラなので帰省中は会えない。だからプレゼンの収録は先にやってしまおう、と。

 

戸田:他の寮生がみんな続々と帰省してるのにうちらだけ最後まで残って収録して。動画が無駄にならなくてよかった(笑)。

 

内川:そういえばそのプレゼン動画の結果が出る時も僕ら帰省する時でしたね。1月下旬頃。

 

羽田:おお、その時期もお休みがあるんですか?

 

渡邉:いや、インフルエンザが流行して学年閉鎖になったんです。で、寮から全員帰省しろってなっちゃって。帰省する道すがらにプレゼン動画審査の結果を見て「おお、通った」と。

 

羽田:なるほどー、寮生活ではそんなことがあるんですね・・・。そしてそこからいよいよ準決勝。

準決勝大会に向けた対策はどんな風に行ったんですか?

 

戸田:僕ら、同じ学年の友達でキャリア甲子園2017に出ていた友達がいたんです。彼らは2017で準決勝まで進んだんですけど、その後総合優勝した豊島岡女子学園のGirlingに準決勝で負けて。彼らに準決勝の雰囲気とか準決勝出場チームのプレゼンの全体感みたいなのを色々聞いて、イメージを膨らませました。

 

<準決勝、決勝大会をどう戦った?後編へ続く>