【キャリア甲子園】大塚製薬インタビュー

【キャリア甲子園】大塚製薬インタビュー

挑戦のそばに、カロリーメイト。

毎年キャリア甲子園に挑戦する高校生のみなさんを側面から応援してくれている大塚製薬カロリーメイト。今年も多様な場面での支援をいただくこととなりました。インタビューではあらためてキャリア甲子園参加者に栄養補給についてのアドバイスを伺いました。ぜひご覧ください。

■お話をしてくれた方
吉野 留以さん
ニュートラシューティカルズ事業部

製品部 カロリーメイト アシスタントプロダクトマーケティングマネージャー
2016年入社。カロリーメイトのマーケティングを担う一人として、営業、宣伝など多セクションと連携しながら製品のブランディングとファンづくりを推進中。

「栄養」を考えるきっかけに。


――今年もキャリア甲子園にサポートいただくこととなりました。ありがとうございます。

吉野さん:こちらこそ。今年もよろしくお願いします。私個人としては昨年から実際に関わらせていただいていますが、高校生のみなさんからひしひしと伝わってくる熱意や意欲、それからレベルの高さには本当に驚いています。

――キャリア甲子園自体は今年で6年目になりました。確かに年を追うごとにレベルも高まっているように思います。

吉野さん:今年で学生サポートは3年目となりますが、私もそう感じます。参加者のみなさんの堂々とした立ち振る舞いやまっすぐなまなざしをみると、この大会にかける思いの強さが伝わってきます。
きっと約一年、チームの中で時にぶつかるようなこともありながらも、たくさんの壁を乗り越えて一歩一歩進んできた。そしてその集大成としてこの大会に挑戦しているんだろうと思うと、サポートしている側も力が入ります。

――ご自身が学生だった頃と比較したりもしますよね?

吉野さん:私も高校生のときに一度だけビジネスコンテストに参加したんです。でも、どちらかというと思い出作りという色合いが強かったので、参加することで満足してしまいました。
もちろん、そういうきっかけで楽しくチャレンジするのもいいと思う一方で、やはり明確な目標や目的をもって参加する方が、参加した後に得るものが大きいなと・・・キャリア甲子園の参加者の皆さんを見て、強く感じます。

――吉野さん個人ではなく「カロリーメイトの担当者」の視点ではどんな感想を持ちましたか?

吉野さん:皆さんの目標に向かって頑張る姿はもちろん、高校生たちの「栄養」に対する意識や行動にも注目して大会を拝見していました。特に準決勝は一日がかりでしたのでどんな食事をとるのか気になっていましたが、やはり菓子パンやおにぎり、エネルギー系のゼリー飲料を食べている方が多いという印象ですね。

――例年、話題に上がることですがまだまだ若い人たちの食事や栄養摂取に対する誤解もありますね?

吉野さん:実際に「疲れた時や頭を使う時には甘いもの」といった認識は当社の調査データからも出ています(下図)。
一般的に、疲れたと感じている時や集中して考える時には、糖質が必要だと言われています。しかし、糖質をエネルギーに変えるには、他の栄養素も一緒に摂る必要があるので、実は糖質だけでなく、ビタミン、ミネラルなど「バランスの良い栄養」が大切なんです。

大塚製薬グラフ

考える人こそ、バランスの良い栄養を。


――「考えるときのバランスの良い栄養摂取」という点でいうと今年春からのカロリーメイトプロモーション「KEEP THINKING」もそういう文脈ですよね。

大塚製薬07

吉野さん:はい。まさに今年春からのCM(上記)は、考え続ける人にはバランスの良い栄養が味方になるというメッセージです。
音楽というフィールドで闘い、考え続ける孤高の旅人のようなイメージからサカナクション山口さんにご出演いただきました。

――確かに山口さんはストイックな印象ですよね。大切にされている音楽に対して誠実にそして没頭している印象です。

吉野さん:まさに、作曲活動をされているときは食事を摂る時間も惜しみながら曲作りに没頭されているそうです。そんな中、もちろん栄養補給も欠かせないという考えで、カロリーメイトのブロックタイプを愛用いただいています。

――考えるという意味ではキャリア甲子園に参加する高校生も一緒ですね。

吉野さん:考えるという作業を続けるときに、バランスの良い栄養は不可欠です。キャリア甲子園は考え続けることへのチャレンジでもあり、そんなシーンにおいてカロリーメイトの価値を実感してもらえたら私たちもうれしいです。

――バランス栄養食=カロリーメイトという理解も高校生たちにより一層広がるといいですね。

吉野さん:みなさんはあまり意識していないと思いますが、最近で栄養に対する考え方や食生活のスタイルは、時代によって変化しています。たとえば、最近ではプロテインダイエットや糖質制限があり、タンパク質や糖質などの単一の栄養素が注目されているかと思います。
しかし、「人間が生きる上で体に必要なものとは」という根本に立ち戻って考えると、どんなに時代が移ろうとも、やはり栄養をバランス良く摂取することが大事なんです。

その信念に基づき大塚製薬が作り上げたもの、それがカロリーメイトです。
カロリーメイトを一人でも多くの方のもとに届け、いつでもどこでも誰もが「バランスの良い栄養」をとれる環境を作ること、その環境作りが、頑張る皆さん目標に向けて挑戦し続けられることにつながる、それが私たちの目指す目標です。そして、これからも人々の健康に貢献することは、バランス栄養食という新しい市場を創り、36年続くロングブランドの使命であると考えています。
 
――最後に今年のキャリア甲子園では具体的にどんな形での応援をいただけますでしょうか。

吉野さん:今年も書類審査の前、準決勝大会、さらに決勝大会後など多くの場面でカロリーメイトを提供させていただく予定です。みなさんがキャリア甲子園に挑み考え続ける中で底力を発揮できるよう、サポートさせていただきます。

――ありがとうございます。では最後に高校生のみなさんにエールを贈っていただけますか。

吉野さん:「カロリーメイト」はその名の通り、いつもそばにいるメイト=友人です。目標に向かって頑張る人を栄養面だけでなく、気持ちの面でも前向きになれるようサポートする存在でありたいと思っていますが、キャリア甲子園という長期間の取り組みの中では考えに考え抜いても壁につき当たることがあるでしょう。そんなときにカロリーメイトを食べてもらえたらうれしいです。大きな挑戦に向かって精一杯頑張ってください。応援しています!

大塚製薬07