【3.8開催】地頭、のもう一方たち。

【3.8開催】地頭、のもう一方たち。

公開日: 2021年02月01日

イベント日程

受付中
2021年03月08日()
18:00〜19:30(受付 17:45〜)
●本講座はオンライン形式となります。
〇開催日|2021年3月8日(月)
〇開催時間|18:00~:19:30
※終了時刻は変動がある可能性がありますので予めご了承ください。
〇募集対象|大学生、大学院生、短期大学生、専門学生、高専4・5年生
〇イベント会場|YouTubeライブ配信でのオンラインイベントとなります。お申込み頂いた方へは事前に事務局より専用URLをお送りいたしますので、そちらから受講が可能となります。
〇社会人の方はこちらからお申込みください。

イベント概要

「あの人は地頭が良いよね~」なんて聞くけど、地頭が良いってどういうこと!?

“「勉強ができる」のと「地頭が良い」って何が違うんだろう?”

今回はそんな疑問を紐解くお話をお届けします!全10回に及ぶシリーズイベント「もう一方たち。」いよいよ最終回

学生はもちろん、社会人になってからも常に「自分で考える力」が求められるのが、これからの時代。

でも、考える力って、学校の勉強だけをやっていれば、身に付くのでしょうか?…うーん、それはちょっと違う気がするぞ。。

今回のゲストは、ファシリテーター倉成さんが太鼓判を押す地頭の良さを持ちながらも、"なんかちょっと変わってる…⁉”という、ユニークなお二人。

「地頭の良さ」と「考える力」、この2つのキーワードに少しでもピンときたら…見るっきゃない!!

さ・ら・に…最終回ならではの、素敵なお知らせもあります。最初から最後までご視聴くださいね★

■ゲスト川口さんからのメッセージ
「地頭」とは学校の勉強がよくできるというものではない。人間力が大事だと思う。認知力は学校で学ぶこと、遊びや社会などで学ぶ事になる非認知力を鍛えて生き抜く力を身に着けてほしい。就職を急ぐことも人生かもしれないが今世界で何が起こっているかを、もっと知ってほしい。そこんとこ一緒に考えてみよう!

■ゲスト小林さんからのメッセージ
3年前にコロナを予測した人はいませんよね ? (たぶん)。そのように世の中はわからないことばかりで、あらかじめ正解を知っている人は誰もいません。これから何が起こるのか、誰も知りません。だからこそ、自分のアタマで考えて、自分でレールを作っていくのが人生。そのスタートが就活だったのかなと、今思っています。

■ファシリテーター倉成さんからのメッセージ
就職活動界隈でよく聞く言葉「地頭」。これは仕事の現場でも聞きます。「あの人は地頭がいい」「地頭がいい人が欲しい」などなど。でも定義はそれぞれ違う気も。面白い大人を紹介してきた「もう一方たち」最終回は、僕が勝手に「地頭がいい!」と思ってるお二人に登場していただきます。地頭についてお二人はどうお考えでしょう?お二人が地頭がいいと思う方はどんな方でしょうか?地頭の謎に迫ります!!

講師

川口信弘さん

川口信弘さん

一般社団法人GOOD ON ROOFS専務理事
1965年佐賀県生まれ。昭和5年創業の屋根の設計施工会社、株式会社川口スチール工業3代目として社長に就任。その後、会社を発展させて軽量の太陽光パネルを設計し特殊架台の特許を取得。国内の再生可能エネルギーの普及とアフリカ等の発展途上国の地方の電化を進めている。昨年この活動を飛躍させるために一般社団法人GOOD ON ROOFSを設立し専務理事を務める。またこのビジネルモデルが高く評価され2019「九州未来アワード」2020「Forbes JAPAN SMALL GIANTS AWARD」でグランプリを受賞。佐賀から世界を変えていく企業として脚光を浴びている。
小林麻実さん

小林麻実さん

アカデミーヒルズライブラリー・アドヴァイザー
早稲田大学法学部卒業、同大学院国際経営学修士(MBA)課程修了。東京大学大学院学際情報学府修士課程修了、同博士課程中退。マッキンゼー・アンド・カンパニーを経て、米国ユナイテッド・テクノロジーズ社において、世界15万人社員による情報・知識の交換および創出を目指し、ヴァーチャル・ライブラリーを推進。これらの経験から「ライブラリーとは、個人が持つ情報を他者と効果的に交換し、イノベーションを生む場である」というコンセプトを構築中にリストラに遭うが、2003年、森ビル(株)にて、会員制のアカデミーヒルズ六本木ライブラリーを創設。著書: 『図書館はコミュニティ創出の「場」 ー会員制ライブラリーの挑戦』、『ワンランク上をめざすビジネスパーソンの独習ガイド』。
倉成英俊さん

倉成英俊さん

Creative Project Director
子供の頃の夢は発明家。2000年電通入社、クリエーティブ局で広告制作後、広告スキルを超拡大利用。多数の企業の新規事業サポートや地元佐賀県の有田焼400周年事業、Tokyo Motor Showの再復活戦略、富士山世界遺産後の寄付集めプロジェクトから、APECやIMF世銀総会といった国際会議のジャパンプレゼンテーションまで、様々なプロデュースに携わる。Marti Guxieより日本人初のex-designerに認定。2014年から、広告業以外にB面(=私的活動やすごい趣味など)を持つ社員56人集めた電通Bチームをリードする。2020年7月1日より株式会社Creative Project Baseをスタート。

シリーズイベント「もう一方たち。」とは?

manazashi.jpg

知らなかったことを調べてみる。
知らない人と話してみる。
アピールしたりする。

もうすぐみなさんにやってくる就活って、人生の中で必ず体験する、いろんなことが含まれています。

「もう一方たち。」。
このコンテンツでは、そんな就活にも人生にもまつわる一つひとつの事柄を普通とはちょっとちがう角度からプロに教えてもらうイベントです。学生たちに上から目線で言いたいことなんてありません。むしろ「ヨコから目線」でこんな考え方とかやり方とかあってよくない?そう提案したいだけ。

これは、新しい形の就活事前準備でありつつ、”学生のみなさんに面白い大人を出会わせたい”という我々の想いを込めた、そんなイベントシリーズです。

関連情報

【応募対象】
大学生、大学院生、短期大学生、専門学生、高専4・5年生
※社会人でご希望の方は下記問い合わせよりご連絡ください。

【受講の方法について】
開催1週間前より、お申込み頂いた方に向けてYouTubeライブ視聴URLををメールにてお送りいたします。当日までにURLを受信されなかった方は事務局までお問合せください。

【その他】
※予約確定後のキャンセルはお控えください。
複数にわたりイベントをキャンセルされますと、今後のイベントにご参加いただけなくなる可能性がございます。

応募方法

①ページ内の〔イベントに参加する〕ボタンをクリック
②該当日程を選択しアンケートに回答の上、〔次へ〕をクリック
③〔提出〕ボタンをクリックし予約完了

応募に関しての注意事項

MFCサイトリニューアルに伴い、【2019年7月5日以前】に会員登録をされた方はログインパスワードの変更が必要です。ログイン画面の【パスワードをお忘れの方はこちら】より再設定を行い、イベントへのお申し込みをお願いいたします。

詳細はこちら

社会人の方の視聴お申込みはこちら

イベントに関するお問い合わせ先