コミュゼミ!!!  ~これであなたも雑談上手~

コミュゼミ!!! ~これであなたも雑談上手~

公開日: 2021年01月29日

イベント日程

この日程は終了しました
2021年02月24日()
●本講座はオンライン授業となります。
〇開催時間|

 ・第1回:2/24 (水) 17:00〜

 ・第2回:3/1   (月) 17:00〜
 ・第3回:3/15 (月) 17:00〜
〇募集対象|大学生、大学院生、短期大学生、専門学生、高専4・5年生
〇イベント会場|「ZOOM」を使用してオンライン講義を行います。講義当日に事務局より専用URLをお送りいたしますので、そちらから受講が可能となります。

※本イベントは合計3回のイベントになっております。全ての日程にご参加いただける方のみご応募いただけます。

※先着制になりますので、定員オーバーした際はキャンセル待ちとなります。ご了承ください。

イベント概要

面白い人は無意識にやっている!意外と知らないコミュニケーション虎の巻!

ーあの人と話してると、なんか楽しい。

”ちょっとした雑談”をしているだけなのに、その話がめちゃくちゃ面白い。そんな雑談上手な人、あなたの周りにもいませんか?


雑談上手な人って、実は話の伝え方だけでなく、目の付けどころや、感想の持ち方も個性的なことが多いのです。


同じものを見ていても、それをどんな視点で見るか。そして、自分の中でどう解釈するかによっても、アウトプットがガラリと変わります。


この『コミュゼミ!!!』では、全3回の講座を通じて、皆さんが物事を捉えるための”視点”を増やし、自分の考えを付け加えるための”解釈力”を養い、そして面白く伝えるための"表現"の幅を広げます。


大人になっても学べない、けど面白い人はいつも考えている!コミュニケーションにまつわるあれこれを学べる、実践的なゼミです!


コミュニケーション力を向上させたい方、奮ってご参加ください!

講師

森口 哲平(TEPPEI MORIGUCHI)

森口 哲平(TEPPEI MORIGUCHI)

クリエーティブ・ディレクター
2002年(株)電通入社。戦略、制作、新規事業部門を渡り歩く。
会社員の皮をかぶった革命家集団をめざす「電通Bチーム」所属。
ルールのリサーチを始めて、「ルール学」というコンテンツを作り始める。
4年前より、クライアントおよび自社のサービスデザインや事業開発に従事する専門のクリエーティブチーム「XDS」を立ち上げる。
また経営者や政治家のスピーチライターとしてコミュニケーション力向上のサポートを行う「Team CUE」としても活動を行なっている。

2015年より中国教育部 特任講師として、40大学の学生向けのビジネスデザイン・ワークショップを担当。中国伝媒大学・深圳大学 客員講師。
大山 徹(TORU OYAMA)

大山 徹(TORU OYAMA)

クリエーティブプランナー/ゲームデザイナー
株式会社電通 Bチーム/アクティブラーニングこんなのどうだろう研究所所属。
新規事業開発、企業研修・ワークショップ講師など楽しく活動中。
2014年からアナログゲームを制作するようになり、ついに小学生の頃から憧れていたゲームデザイナーに!
思い描く体験を目指し、そこから逆算をしながらゲームや遊びを設計するのが得意。代表作「じゃれ本」「マドリーノ」等。
2020年「あそびから入る」をコンセプトとしてゲームや教育ツールの開発を行うデザインユニット「PLAY FIRST」を立ち上げ。
飛田ともちか(TOMOCHIKA HIDA)

飛田ともちか(TOMOCHIKA HIDA)

コピーライター/プランナー
Dentsu Isobar
2016年電通入社。
入社と同時にデジタル・クリエーティブ・センター配属となり、以来、デジタルを起点とした企画をよくやっている。
2020年より、デジタルエージェンシー Dentsu Isobar 所属。仕事はデジデジしている割に、趣味はヴィンテージ古着の収集と研究。超アナログである。

講師からのメッセージ

【森口さんより】
「みなさん、おはよう、電通Bチーム森口です。」

って挨拶したら、なんか変じゃないですか?
文面の挨拶の出だしはふつう、 

「みなさん、こんにちは、電通Bチーム森口です。」

ですよね。
でも変なほうが、はじめて会う人、はじめて話す人同士、気になって覚えてもらえたり、会話のネタにできたりするかもしれません。
あの人、文頭の挨拶がおはようなんだよね、みたいに。

正しいことは大切ですが、正しいだけだと新たな情報として、相手の脳に違和感を感じさせることはできません。
なぜなら、正しいことがそもそも、多くの人がすでに共有している事実や決まりであるからです。正しいと認識した時点で、相手が知っていることなんです。

自分の話がちょっとつまらないんじゃないか、と思っている人がいるとしたら、その理由は、ものすごくざっくりいうと

相手がわからないことを恐れすぎて、正しいこと、人と同じことを重視しているから

かもしれません。

一つ安心材料をお渡しするとすると、この手のことは理由もあるし、方法論もあるということです。
持って生まれた才能ではないんです。会話するということは。


って感じの講座です。

お話しましょう。
よかったら、あなたの話も、聞かせてください。
 
【大山さんより】
「着眼力」のプログラムを担当します、大山です。オンライン上で絵画教室を実施します。でも普通の絵画教室ではありません。

絵を描くのが苦手でも大丈夫!なぜなら言葉で絵を描く「言葉の絵画教室」だからです。言葉で描いていくため、形のあるモノだけではなく、形のないコトまで描くことができます。

みんな同じものを描いているはずなのに、なぜかみんな違うように描いていきます。なぜ違うのか?そんな気づきをみなさんに感じてもらえたらと思っています。


【飛田さんより】
プレゼンは中身が大事。もちろんその通りです。
でも同じぐらいに、いや、ひょっとするとそれ以上に大事なのは、
「どう伝えるか」ということ。
 
ここに、どんなプレゼン原稿も面白くする秘伝の技を用意しました。
この授業では実際に技を使って擬似プレゼンをやりながら、相手にうまく伝えるコツをみなさんに体得していただきます。
もちろん、事前の準備は一切不要です。

プログラム

2月24日
17:00|19:00着眼力・解釈力を磨く:同じものを見ているはずなのに、どうしてあの人は個性的に感じるのだろう、、、? Day1は、言葉のちからで「モノゴトを捉える着眼力、解釈力」を向上させるプログラムです!
3月1日
17:00|19:00表現力を磨く :Day2は、人を惹きつける伝え方ができるようになる、コミュニケーションの"表現"に特化して、その方法を学びます。 人の心に刺さる表現方法を知ることで、コミュニケーションの幅も広がるはず! ※Day2の終わりに、みなさんにちょっとした宿題がでます。
3月15日
17:00|19:00宿題発表と講評:Day2の終わりに出された宿題に対して、講師から皆さんにフィードバックをしていきます。 他の参加者が提出した宿題への講評も聞いて、別の視点も学んでみましょう!

*スケジュール、内容は都合により変更となる可能性があります。

ギャラリー

関連情報

【受講の方法について】
講義当日に、お申込み頂いた方に向けてオンライン講義が受講できるページのURLをメールにてお送りいたします。


【その他】
※予約確定後のキャンセルはお控えください。
複数にわたりイベントをキャンセルされますと、今後のイベントにご参加いただけなくなる可能性がございます。

応募方法

①TOPページの〔イベントに参加する〕ボタンをクリック
②アンケートに回答の上、〔次へ〕をクリック
③〔提出〕ボタンをクリックし予約完了

応募に関しての注意事項


MFCサイトリニューアルに伴い、【2019年7月5日以前】に会員登録をされた方はログインパスワードの変更が必要です。ログイン画面の【パスワードをお忘れの方はこちら】より再設定を行い、イベントへのお申し込みをお願いいたします。

詳細はこちら

イベントに関するお問い合わせ先