アカデミーヒルズpresents<世界初>ブラックホールの輪郭撮影に成功!その意義を知る

アカデミーヒルズのセミナーにMFC会員先着5名無料ご招待!

2019年4月に世界中を湧かせた「ブラックホールの写真撮影に初成功」という歴史に残る功績に深く寄与した日本人天文学者の秦和弘氏をゲストにお招きし、直々にブラックホール画像を得るまでの道のり、写真からわかるブラックホールの性質、そして今後の展望などについて解説いただきます。

5500万光年彼方にある銀河を観測し、その中心に存在するブラックホールの姿を史上初めて写真に収めたこの観測、いったい何がどうすごいの?宇宙へのロマンと、その発見までの道のりを直接聞ける超貴重な機会です。先着制のため、お申込はお早めに!!

*マイページにログインし、イベントメニューより 「<世界初>ブラックホールの輪郭撮影に成功!その意義を知る」をお選びください。

未会員の方は会員登録の上ご応募ください。

-->

※イベントは終了しました。

E v e n t I n f o r m a t i o n

アカデミーヒルズpresents<世界初>ブラックホールの輪郭撮影に成功!その意義を知る

日 程 2019年6月10日 (月) 19:00~20:30
※18:30~受付開始
場 所 アカデミーヒルズ
〒106-6149 東京都港区六本木6-10-1 六本木ヒルズ森タワー49階
[アクセス]
主催 アカデミーヒルズ
WEBサイトはこちら
受講料 無料
参加対象 大学1・2年生
応募について 先着5名の方無料でご招待(MFC会員限定!)
マイページよりお申込下さい。
※先着制となります。人数に達した時点で応募を締め切らせていただきます。
※MFC会員限定で参加枠を確保しておりますので、参加確定後のキャンセルは固くご遠慮いただいております。
服 装 私服でお越しください。
持ち物 筆記用具

講師紹介

秦 和弘氏 (はだ かずひろ)
国立天文台水沢VLBI観測所 助教

名古屋大学理学部卒、総合研究大学院大学博士課程終了。理学博士。
イタリア国立宇宙物理学研究機構 研究員、日本学術振興会特別研究員を経て、2016年より国立天文台 水沢VLBI観測所 助教。電波望遠鏡を用いて活動銀河など宇宙の高エネルギー現象を研究。
史上初のブラックホール写真撮影に成功したEvent HorizonTelescope国際チームの中心メンバーを務めるとともに、近年は日韓中などの東アジア地域における国際電波望遠鏡ネットワークの構築も推進中。2018年度文部科学大臣表彰若手科学者賞受賞。

ファシリテーター

高梨 直紘氏 (たかなし なおひろ)
天文学普及プロジェクト「天プラ」代表
東京大学エグゼクティブ・マネジメント・プログラム 特任准教授

1979年(昭和54年)広島県広島市生まれ。2008年(平成20年)東京大学大学院博士課程修了 博士(理学)、国立天文台 広報普及員・研究員(ハワイ観測所)を経て、現在に至る。天文学と社会の関係をどのようにデザインするか、という観点から実践的な研究活動を行っている。六本木天文クラブの企画責任者。主な著作物に「一家に1枚 宇宙図」(共著)など。

*マイページにログインし、イベントメニューより 「<世界初>ブラックホールの輪郭撮影に成功!その意義を知る」をお選びください。

未会員の方は会員登録の上ご応募ください。

-->

※イベントは終了しました。

アカデミーヒルズ の会員制ライブラリー(六本木・アーク)って?


ロゴ
六本木ヒルズ49階に位置し、朝7時から夜24時までの会員制ライブラリー。月額9000円(税別)で仕事・勉強に使えるスタイリッシュな空間。Wi-fi、電源、12,000冊の新刊書籍を完備。メンバー同士のコミュニティ活動や無料イベントも開催。

PAGE TOP